一人で悩む男性の写真

性病かな?と思ったら、早めの治療が大切です。一人で悩んで引きこもってるだけでは性病が悪化する一方です。だけど治療院に行くのはちょっと恥ずかしい…と思う人が多いのも事実。そこで当サイトでは自宅でも直せる治療薬の通販をご紹介します。

感染症新法で指定されているぶつぶつができる性病とは

感染症の予防や感染症の患者に対する医療に関係した法律に感染症新法があります。感染症新法は平成11年に施行された法律ですが、伝染病予防法を始めとするこれまでの法律が集団の感染症予防に重点を置いていたのに対し、個人それぞれの予防に対応をすることが基本方針となっています。
感染症新法は、伝染病予防法や性病予防法、また、後天性免疫不全症候群、いわゆるエイズに関する法律を廃止する代わりとして制定されており、ここでの内容としては、性病に関する記載も行なわれています。
感染症新法では、その内容を、一類から五類、新型インフルエンザ、指定感染症、新感染症に分類をしており、性病は五類感染症に含まれています。この中でぶつぶつが発症する性病としては性器ヘルペスが該当し、五類感染症でも定点把握の分類がされています。そのために、性器にぶつぶつの症状が出た場合には性器ヘルペスの可能性が高くなり、症状が確定された場合には医師は法律に従い各都道府県知事への届け出を行うことになります。
性器ヘルペスは、性行為などによる接触感染に多く見られますが、母親が感染をしていた場合などでは母子感染になる場合もあり、十分に注意が必要となる性病になっています。一般的な感染では初感染よりも再発の場合が軽くなる特徴があり、再発を重ねるごとに軽い症状になるといわれています。初感染では、女性の場合には2~4週間程度で、まず、外性器に症状が現れることになります。患部にヒリヒリ感やむずがゆさ、また灼熱感や痛みなどを感じるようになり、赤いぶつぶつができ、水ぶくれの後に敗れて潰瘍状態に進行していきます。人によっては患部に激しい痛みを感じたり38度程度の発熱をする場合もあり、排尿時などで痛みを感じる場合には、速やかに医療機関での診察を受け、治療を行う必要があります。