一人で悩む男性の写真

性病かな?と思ったら、早めの治療が大切です。一人で悩んで引きこもってるだけでは性病が悪化する一方です。だけど治療院に行くのはちょっと恥ずかしい…と思う人が多いのも事実。そこで当サイトでは自宅でも直せる治療薬の通販をご紹介します。

クラミジア感染などの性病は早期治療が大切

伝染性疾患は、感染したと自覚がある病気ばかりではなく、知らない間に病気になり人に感染させてしまう可能性があるため、少しでも異変に気づいたら病院で検査を受けるべきですし、感染が発覚したら接触した人にも注意を促し、検査を受けてもらうように促すことで、蔓延して行くことを防ぐことができます。とくに性病は自覚症状が出にくいものが多く、あったとしても病気だとは思わない症状のことが多いため、発見が遅れ感染者が増える場合があります。

日本人で特に多いとされる性病のクラミジア感染も、軽度の症状だと気づきにくい病気で、感染者との性交渉などによってクラミジアトラコマティスという病原体がうつっていきます。主に性器付近で症状が出る病気ですが、オーラルセックスなどにより、口内から喉に感染して行きます。

クラミジア感染は男性の場合、尿道炎や精巣状態炎などを患い、かゆみや腫れのほか熱が出たり、尿道から膿が出ることもあります。女性の場合には子宮頸管炎などを起こすことがあり、重度になると卵管炎になるなどして不妊の原因になる場合もあります。妊娠している人は出産時に子供に感染することもあるため、早めに治療をして行くことが肝心です。

性病は自覚症状があっても恥ずかしがって病院に行かない人も多くいますが、伝染性疾患を治さないでいると他の病気にもかかりやすくなり、特にクラミジア感染はHIVに5から10倍感染しやすくなるので、恥ずかしがらずに医師の診察を受けるべきです。若い世代での感染も増えていて、正しい伝染性疾患に関する知識を持ち、不特定多数との性交渉を避け予防して行くように心がけるべきです。薬を病院から貰ったら終わりではなく、再検査で陰性が出るまではしっかりと診療を続けないと完全に治癒せずに悪化する可能性があります。